サムシングブルーの取り入れ方について

結婚式を挙げる予定もしくは挙げたことのある人なら「サムシングブルー」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

サムシングブルーとは、新郎新婦の永遠の幸せを願った言い伝えの一つです。
マリッジブルーとは逆で、花嫁がポジティブでハッピーになれるような意味合いの言葉です。

そこで、結婚を考えているカップルやこれから結婚式を挙げる予定の人などで、記念に残る結婚式を挙げたい、サムシングブルーなどの幸せになるための願いをおしゃれなアクセントとして挙式に取り入れたい方は、一緒に考えていきましょう。

サムシングブルーについて話を進める前に「サムシングフォー」について、少し話をしていきたいと思います。
サムシングフォーとは、簡単に言うとヨーロッパのおまじないが発祥だと言われています。花嫁が幸せになるようにとの願いを込めた願掛けです。

具体的には、結婚式当日に、新しいもの、借りたもの、古いもの、青いものの4つを取り入れることで、永遠の幸せを願うのがサムシングフォーです。

つまり、サムシングフォーのうちの1つがサムシングブルーです。
欧米ではメジャーで、結婚式の演出にもなっているようです。最近は日本でも取り入れられるケースも増えてきているようです。

因みに、サムシングフォーの歴史は古く、200年以上も前から行われていたそうです。代々受け継がれてきた演出なんて、想像するだけで感慨深く素敵ですね。
そして、新郎新婦の永遠の幸せを願うおまじないを結婚式に取り入れるなんてロマンチックですよね。これから結婚式を迎えられる方は検討してみてはいかがでしょうか。