他にもあるよ。サムシングフォー

サムシングフォーも取り入れてみよう

欧米ではサムシングブルー以外の他の3つのサムシングフォーも一緒に結婚式の演出やアイテムとして使われています。なにか新しいもの、なにか借りたもの、なにか古いものの3つです。結婚式をさらに素敵なものにするために、サムシングフォーも取り入れて見ましょう。

例えばサムシングオールドを取り入れる場合について考えてみましょう。
日本でも古くから、おばあちゃんの着物や装飾品などを孫に渡したりしますが、欧米でも結婚式でジュエリーなど代々引き継がれてきているものを渡す風習があるようです。こうした引き継がれてきているものを身に付けるのがサムシングオールドです。

代々受け継がれているものがあるということは、その家が脈々と続いてきており、日本流に言うと子孫繁栄につながる願いが込められているようです。また、ご先祖様からのお守りとしても受け取ることが多いようです。

日本の伝統にサムシングフォー

日本でも最近はだいぶ薄れてきましたが、代々受け継がれてきたものがありました。

例えば、和服を受け継ぐことがあります。代々受け継がれてきた日本の伝統である着物であれば、その歴史も想いも深いと思います。昨今はあまり着物を着ないため生地を加工してリボンやハンカチなどにしても良いかもしれません。

また、ジュエリーの場合は流行りがあり、昔は流行ったデザインで今ではつけている人がいないため、もらってもつけないという人も多いようです。
もったないですよね。
最近は、こうしたジュエリーを今風のデザインに加工し直して、お守りのように身につける人もいるよです。

代々受け継がれているなんて素敵ですよね。
親から子へ子から孫へ、次は自分の子どもにバトンを繋いでいきたいですね。


このコラムをシェアする